たられば
451 views
タグを編集する

住民売りのプロセスについての憶測

初めまして、たらればです。
今回は自分の考えを何処かに書き留めておきたく、この場所を使わせていただきます。※これから話すことは全て憶測です。データは無いのでこんな考え方もあるんだ。くらいでお願いします。

私の提唱する説は住民がアイテムを買う流れは 店舗に住民が沸く→住民の種類が決まる+周辺棚との競合→購入成功判定→購入説です。

大まかに説明しますと店舗(と棚)に住民が沸くと仮定します。→住民の種類が決まっていないと競合を起こす事が出来ないので住民の種類を確定させます。→他店や自店舗の棚と競合を起こし、競合に勝った棚に購入しに行きます。→手持ちの資金で購入出来るかの判定をします。→資金が足りていたら購入成功!お疲れ様でした。という風になっているという憶測です。
これなら周辺の棚が多い場合の購入回数の増加などと矛盾しないと考えた次第。

細かい憶測

アイテムが置いている棚の方が住民が沸きやすい→住民が沸くのに必要な場所がアイテムが置いてある棚一つにつき1ヶ所 店舗一つにつき1ヶ所的な感じ?例 棚置き2つの店舗→3ヶ所 棚置き0の棚→1ヶ所など

住民の種類の決まり方→周辺の棚に置いてあるアイテムに対応した住民7割その他3割(割合の数字は適当)→競合(その他の中の割合は街全体に対応したアイテムの数が少ない種類の住民が多め?)

競合に関わっているのは住民から見た適性な値段と売値との差+住民のお財布の残り?
1万の価値のものを5000で売っているのと5000の価値の物を5000で売っているなら1万の価値のものを買いやすくなる?
(スーパーのいつもの値段から何割引かされているのを見ている様な感覚?)

人口の数だけ購入しに来る住民が居て、それぞれの住民にお財布がある?お財布の中の金額が一定以下で買い物終了→決算でお財布が回復?

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

参考にした方→歯車木工店さん

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中