さいく
2822 views
タグを編集する

写真における光の理解

こんばんは。
ツイッターでそんな話になったこともあり、楽しそうなので自分の勉強の為に書いてみようそうしよう。

僕は性格的に自分が伝えることは基礎を伝えてからじゃないと書けないタチなので、めんどくさい基礎から書きます。分野ごとにちゃんと書くかは未定である! 

【見てほしいひと】
写真上手くなりたいひと
別に上手くならなくてもいいけど、なんで自分が撮った写真はクソなのか知りたいひと
ひまなひと

どれかに当てはまったら読んでみてください。
 
  

光を理解すると写真がよくなる

綺麗な写真と自分で撮ったクソの違いは何かって勿論ウデが違うんですが、そのウデの大部分は光の使い方だなーって僕は思います。写真における光の種類、特性などを知っているだけで失敗が減ります。

写真を良いものにするにはカメラに金をかけるべきか? レンズか? みたいな問いかけは長年色んなところでされているんですが、僕はアスペよろしく「ストロボ」(カメラ本体とは別のフラッシュです)と答えたくなるくらい光で変わります。

そんな前提をもとに、光の話をしていきます。

でもその前にカメラというものの性能限界を理解してほしい

人間って暗いものと明るいものを同時にみる能力に長けているんですよ。日中晴れていても建物の影に何があるかみえますよね。これがカメラだとスマホだろうが一眼レフだろうが、どっちかにあわせることになってしまうくらい、同時に写せる明るさの幅が少ないんです。

暗いところをよく見えるように合わせると明るい部分が明る過ぎになっちゃって、いわゆる白飛び。データがなくて記録に残せません。

明るいところをよく見えるように合わせると暗い部分が暗すぎて、黒潰れ。やはりデータがありません。

この幅をダイナミックレンジとかラチチュードとか、カメラやるひとは呼んだりします。まぁこれは覚えなくていいんですけど。
 

光の向き

順光、逆光っていうのは、写真をやらないひとでもなんとなくわかると思います。そこから順光はどうなる、逆光はどうなるというのを少し知るのが大事です。

順光
被写体に対して正面から光が当たる状態。影が付き難いので被写体を明るく撮り易いです。

逆光
被写体に対して後ろから光が当たる状態。影がついてかっこいい写真撮れたりとかしますね。

半順光、半逆光
斜めってことです。

光の強さ

上述したように写せる光の範囲、明るい、暗いの幅がカメラは少ないわけなので、今画面の中に見えている光が、それぞれどれだけ明るいかってのを理解する必要があります。いくら順光が綺麗に撮れるといっても強すぎれば、写るんですやスマホでフラッシュ焚いたように、のぺっとしたりとか、逆光で後光がさしたような柔らかな女性撮るぜ、って思っても強すぎれば被写体はシルエットになってしまいます。強さを意識しましょう。

光が点か、面か

点光源、面光源なんていったりしますね。ざっくり、光源と被写体の距離のことだと思ってください。太陽はとても大きな光源ではありますが、あまりに遠くにあるので地球にいる我々にとっては点光源です。

女優が良く使うキャッチライト、下から光あててるやつは小さなライトですが、当てる対象との距離が近いので面光源です。勿論米粒くらい小さかったら点光源になっちゃいますけどね。
 

点光源はその名の通り被写体に対して点、小さなところから伸びている光ですから、何かに当たると逆側は真っ暗になりますよね。夕日を背にしていたら逆側には影がしっかり出るでしょ?

タイヨウ! >-----\             ヒシャタイ!!!
タイヨウ! >------------------光---------------> ● ■■■■■■
タイヨウ! >-----/                コイカゲ!!!
        

面光源は大きな光ですから、何かに当たってもまわりの光が影をカバーします。

   /
  /ヒシャタイ!!!
ヒカリ!--- ●□□□
  \  ウスイカゲ……
   \

 

光の硬さ、柔らかさ

点光源によって出来る影はとても暗いので、光が硬いな、なんていったりします。面光源は影にもある程度光が当たって薄くなりますので、柔らかい光を当てている、なんて言います。

面光源を利用して色々なところから光を当てている写真
image
 
点光源から、一方向の光を当てている写真(極端だけど)
image
 
 
つまり硬くしたいなら光源を遠く、柔らかくしたいなら光源を出来るだけ近くすりゃいいんですね。

結局どうやって撮るの?

ってなるんですけど、このそれぞれの特性を理解して、被写体ごと、訴えたい内容によって組み合わせを考えましょう。

女性を柔らかく撮るなら面光源は外せない

ドキュメンタリーフォト的なのを撮るなら硬い感じ出したいから斜めに影がつく光がほしい

インスタ映えするシルエット撮りたいから強い逆光が必要

などなど。

これら以外にも細かく言えば「光の質」っていう項目も本来いわねばならんのですが、流石に専門的すぎると思ったので割愛しています。ひとまず……

光の向き

光の強さ

光の大きさ(近さ)

この3つは意識すると変わります。自分が撮った写真から逆算して考えるのもいいと思います。よきフォトライフを。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

さいく
33 投稿

アイコンがかわいいだけのひとです?

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中