W&B
569 views
タグを編集する

自作アイコンを晒してみる日記part2

どうもみなさま、ぎりぎり作家にしがみついているW&Bです。
前回の日記が21日前とのことで、日記ってなんだっけっていう定義に悩まされる今日この頃でございます。

さて、前回の日記での商店レベリングは、無事目標に達し、一流商店となることができました。
そして、一流商店になってしたかったことが、自作レシピ「缶コーヒー・蒼玉」の作成でした。
そしてこれがそのアイコンです。
image
上部のコーヒー豆はさておき、下部のゴチャッとした部分はなんだ?って街外の人には思われるかもしれませんが(街内の人にも思われてそう)、実はこれ、サファイア街の風景を模したデザインなのです。

サファイアのような鮮やかな青空が輝く。
MUTOY島一番の広大な草原をメインに、北東に少々ある砂漠。
中央には街の住民がハート川と呼称し愛する川。
そして、多種多様な森林。
16×16のさらにその一部分だけでの表現なのでこれが限界でしたが、個人的にはそれなりに表現できた…と思って好きなデザインなのです。

ちなみに、この缶コーヒー・蒼玉。

鋳物師の作業で、缶10(これも私保有レシピ) 10 10 10 10 で生産できるので、よかったらサファ外の人もどうぞー。時給はかなり高めだと思います。
が何で入ってるのかって、ツッコまれそうですが、これもサファが誇る草原(=(薬草))要素なのです(あと青色だし)。設定的には、保存料とか酸化防止剤という感じ。

あとは、ちょっといろんな人に褒められてうれしかったので(%%調子に乗って%%)こちらでも紹介します。私のお店イメージです。
imageimage

ゲーム内設定で、明るいだと左、暗いだと右が表示されます。
イメージとしては翼を広げた鳥。そして中央の丸い部分はwingdings(フォントの一種)でWに相当するのがケルト十字であることに着想を得ています。
Wを装飾過多にしすぎたかと少し反省しましたが、かっこいいといわれたので良しとします。
その分Bをシンプルに整えたので、貸借平均ということで。
(Wとなるべく被らないようにデザインする必要があったので、その分抑え気味の表現という技術的側面もありますが)

ちなみに、この技術、私が考案したわけではないです。既にいろんな商品アイコンやお店イメージで使われている手法です。
背景を透過にして、暗くしたときに浮かび上がらせたい部分を白(カラーコード#FFFFFF)、暗くしたときに消したい部分を灰色(カラーコード#626262)で描くだけです。
両方ともで表示したい部分は少し薄めの灰色を使うといいです。

なんか長くなったうえに、これ日記…?……まあ日記だということにしておきましょう。
次の日記がいつになるかはまた不明ですが、飽きっぽい私がpart2を書いたのです、二度あることは三度ある。次の日記でまたお会いしましょう。

👍
👍
この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
Tips

攻略

改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 勇者
木工師 細工師
調理師 石工師
鋳物師 木こり
魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

メニュー
読み込み中