しゃかりきミオ
2053 views
創作系
タグを編集する

一つの物語

この物語はややフィクションが混じっています。
(リンクシェル:某14ちゃんで使用される通話機器。MUTOYS島でも使えるようだ)

「唐突ですが、明後日この取引を終了したいです」

リンクシェルから聞こえてきたのは、いつもとは違う返答だった。
唐突な返事に一瞬驚いたが、ショックを受けることはなかった。
いずれ、いつかは終わる取引だと思っていたから。

・・・

「手伝っていただきたいことがあります」

取引は彼から持ちかけられたものだった。
「毎日2セット、商品を売っていただきたい。値段は・・・」

当時、その業界で駆け出しだった私には破格の値段だった。
「了解しました!よろこんで!」
この商機を逃すわけにはいくまい。私は二つ返事で了承した。

「置きました!」

リンクシェルにそう呼びかけると、どこからか輸送妖精が現れ、
手馴れた手つきで商品を抱えると、代金を棚に置き、去って行く。

「買いました!」

しばらくすると、リンクシェルから彼の声が聞こえてくる。
こうして取引は始まった。

「すみません、今輸送妖精が全員出払ってて・・・」
「置くの遅れましたぁ!」
「寝 て ま し た !」

うまく取引ができない日もあった。
値段指示を間違え、違う妖精に買われて行き、彼の妖精に白い目で見られる時もあった。
そこに彼はいないのに、リンクシェルに向かってペコペコ頭を下げる時もあった。

・・・

相場を確認し、販売妖精に指示を与える。
(今日の相場は高いな・・・)
私はそう思いつつも、リンクシェルに向かって「今日の分、置きました!」と喋りかけた。
しばらくすると見慣れた妖精がやってきて、いつものように商品を抱きかかえ、去って行った。

「こん・・・」

(こんどは何を目指すのですか?)
リンクシェルにそう喋りかけようとして思いとどまった。
(・・・愚問だ。自分が知りたいだけじゃないか。)

「最後の日にぼったくられた・・・」

リンクシェルから聞こえてきたのは彼の声だった。
偶然か必然か。その値段は取引を始めた時と同じ値段だった。
だが信頼の腕になった者が売るには、暴利とも言える値段には間違いない。

「値決めの約束ですからね!」

私は笑いながらそう答えた。

ふと保管庫のことを思い出す。
この取引の為、常に在庫を用意していたのだ。
(バトル街のセールまでまだ日があるし・・・売っちゃうか)

販売妖精に再度指示を出す。今度は市場最安値。

見計らったようにいつもの見慣れた妖精が現れた。
手馴れた手つきで商品を抱え、棚に代金を置く。
驚いた顔をしている私を見つめ、一礼して妖精は去っていった。

「買いました!・・・悪い人ですね」

リンクシェルから再び彼の声が聞こえた。

「いままでありがとうございました!」

取引終了の合図。

「こちらこそ、ありがとうございました!」

小さくなっていく妖精を見つめ、私はリンクシェルのスイッチを切った。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中