青麦
135 views
タグを編集する

ちゃいろいひみつ

――ねぇおじちゃま、これはなぁに?――

ある晴れた日のことだ。まぁるい目をした実に可愛らしいおじょうさんが、私の露天をのぞきこみながら尋ねてきた。釣り具、魚、塩、水、古びた宝箱……雑多なものであふれかえる、その片隅に置いたビン。おじょうさんは、それが気になるらしい。

――お目が高い。これは知るひとぞ知る秘密の飲み物だよ。ただね、大人しか飲むことができないんだ――

きみにはまだ早いかな……そう言うと、おじょうさんは残念そうに肩を落とした。

――なぁんだ、そうなの。ガッカリ。……ねぇおじちゃま、これはなんなの?――

それでも、好奇心は消えはしなかったようだ。茶色い水の入ったビンにそっと触れる。

――気になる? ……そう、なら、おじょうさんだけに、この飲み物の秘密、教えてあげよう……――

おじょうさんの指先で、細長い影がひっそりと揺れた。

***

彼らはこの水に浸かるのが大好きなんだ。昼に飲むと何故か怒られる、この水のことを知ってるかい? ……そう、魂の水だよ。私は彼らをこの水に浸けてあげる秘密のお仕事をしている。当局にバレると叱られてしまうから、こっそりとね。

何故叱られるかって? それはね……彼らが魂の水を大好きすぎるから。放っておけばいつまでだって、このビンの中で飲み続けている。そうして気付いた時にはとろりとろりと溶けていって、一回りも二回りも小さくなってしまうんだ。

――彼らの体が溶けているから、この水は濁って茶色くなってしまうのさ……。

***

私の話を聞き終えたおじょうさんは、触っていたビンからそっと手を離した。

――そのうちぜんぶとけちゃうの?――

私はそのビンを持ち上げて、ちゃぷんと水面を揺らす。ずいぶん小さくなってしまったけれど、まだ十分姿は残っている。

――全部溶ける前に、私の方がおじいちゃんになってしまうよ。彼らはとても長生きで、丈夫なんだ……――

そしてとても美味しいんだよ、と私は付け足した。

――この飲み物はね、とても、とても美味しいんだ。一度口にしたら夢中になって、夢に見るくらいに、ね――

……好奇心に果てはない。それはまだ幼いおじょうさんであっても。私の顔と濁ったビンを交互に見比べるおじょうさんに、私は未来への布石を打った。

――大人になったら、またおいで――

おじょうさんは無邪気に笑い、うん! と頷いた。

―――――
うっかり怪談チックになってしまった…。ヌシ酒は何故茶色いのか、というお話(捏造)でした。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中