あんずう
2628 views
タグを編集する

元地図屋の魔法使い派遣屋の些細な疑問

お久しぶりです。4日前にエメラルドに住み始めたあんずうです。
元地図屋としてレシピ品を販売していて思っていたことを書きなぐっていきます。

短い記事かもしれませんが良かったら流し読みしていってください。

住民はレシピ品の質をどこまで分かっているのか。

はじめに、あんずうのお店である元地図屋は現在、魔法使いちゃん達を派遣する形で販売を行っています。今現在お店の中にいる魔法使い達は2種類います。
(パンフレットは今回販売していないので入れません。)

一つ目は見習い魔法使い(ちゃん) 

  • file見習い魔法使い

2つ目は掃除屋魔法使い(ちゃん)

  • file掃除屋魔法使い

レシピカテゴリは両方とも生物です。

作業レシピは異なっていますが、こうなっております。

見習い魔法使い

レアリティ0G
商店/行商人
1時間 成果 大量

掃除屋魔法使い

レアリティ100G
商店/行商人
2時間 成果 大量

どちらも平均で15体ほどはできる商品です。
15体で原価と割って計算すると

アイテム名原価
見習い魔法使い540G
掃除屋魔法使い650G

1体あたり安い値になります。

その原価のたった110Gの違いで原価の2倍ちょいで販売していてあることを思いました。
それはなぜ僅かな違いなのにも関わらず売れ行きが変わるのかということです。

(エメラルドに滞在して4日目で1日ほど放置した棚)
file
見習い魔法使いちゃんは134人ほど売れているのにも関わらず
掃除屋魔法使いちゃんは224人も売れているのです。
90の格差もあります(値段も掃除屋魔法使いのほうが少々高い程度にも関わらず)

僕は疑問に思いました。
1回もほかの人に作業されたことのないレシピでかつ自分しか作業していないレシピで
どうしてこれだけの差がついたのかと今頃考えました。

その考えの中でもしかしたらという答えが、自分の中でみつかりました。
自分の中での答えはレアリティです。

見習い魔法使いちゃんはレアリティを設定していないのに対して掃除屋魔法使いちゃんは
100Gのレアリティを設定しています。
わずかな原価110Gの差を広げるレアリティの100Gがレシピの質と価値を
上げているのではないのか?と考えつきました。

長々と書いてしまいましたが、ふと思いついたのをざっと書きなぐってまとめてみようという気分で書いていたので一旦また改めて時間を見つけて書き直してみようと思います。
魔法使いの独り言失礼しました。
それとここまで長々と呼んでいただきありがとうございました。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

  • 千春
    作業時間の影響では?(´・ω・`)
  • ミスターX
    レアリティが差になるのは懐疑的。 そもそも 材料4種類1時間の見習い魔法使い 材料5種類2時間の掃除屋魔法使い を比べただけで結論を出すのは間違っている。 条件が違いすぎて差が出る要因が限定できないです。 私的には複雑な作成工程をとっている掃除屋魔法使いは 住民の注目度が高いので良く売れるだけだと思う。
  • n19857
    レアリティじゃなくてロイヤリティでは

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中