cocage.
407 views
講座
創作系
タグを編集する

SO2におけるドット絵講座12(サモンゲートをつくろう編)

レシピはいいぞおじさんこと こかげ と申します。

今回も手紙がきてますね。

「レシピの素になるような概念的レシピのイメージがほしいです」とのことです。

SO2にはロールプレイの一貫としてレシピを用いることがあります。
依頼主(架空)のお店情報にある称号から第一志望を確認しましょう。
一番レベルが高いのは…錬金術師のようですね。
キャッチコピーには「こんにちは!見習い召喚士の◯◯ぴと言います!」と書かれています。

なるほどなるほど……この人は自分のレシピを作るにあたって
最初に召喚魔法のようなものが欲しいというのを推察できたと思います。
ですが自力では召喚という曖昧で表現が難しい概念的なものになるため、
エフェクトなどが描けないと難しかったのでしょう。では返信の内容は……

「お任せください!かっこいい召喚魔法陣†サモンゲート†をお見せいたします!」

ではキャンバスサイズは16x16でスタートです。

image

イメージを可視化します。今回はざっくりです。

image

3つに分割するとエフェクト(前)、魔法陣、エフェクト(後)です。
前後感を出す際に有用なのが奥側を暗く、手前側を明るくすることです。

まずはエフェクト(後)を描いていきましょう。
シルエットに禍々しい紫色の#CA02E4を使います。

image

次に模様を入れます。#BF38FD、#E24DFD、#CD02ABを使います。
このとき下の一部分は魔法陣のパーツで消えてしまうので適当で構いません。

image

魔法陣を描きます。まずは下地として#707780を使います。

image

陣が発動していることを表すように蛍光色の#00FFFF、#00F7AFを使用し。
中央と下段の殆どはエフェクト(前)を描くときに隠れるため#006748で塗りつぶします。

image

エフェクト(前)のシルエットを描きます。後ろよりも明るい紫#FC0BD7を使います。

image

こちらも模様を入れます。#FF4EFF、#DC33CA、#DC62FFを使います。

image

最後に#FF3995と#FF73CFを使いエフェクト(前)に縁を作って完成です。

image

余白の色に透明設定を入れて書き出して提出しましょう。

image
image

……ちょっと想像より禍々しいけどオッケーのようでした。

いかがでしたでしょうか?
今回は抽象的になりがちなイメージを描いてもらいました。
この手のドット絵は依頼者のイメージに寄せるのは非常に難しいので
まずは自分のイメージ完成図を相手に伝えてすり合わせをしないといけないこともあります。
そういった交渉段階の話は省いていますが頭の片隅に置いておいても良いかもしれません。

おや、もう次回の依頼が舞い込んでいるようですね。次もよろしくお願いいたします。
お相手は こかげ でした。

前:SO2におけるドット絵講座11(フラワープラントをつくろう編)
次:SO2におけるドット絵講座13(ライト、ダークモードで差を感じるお店イメージをつくろう編)

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中