パセリ@ハーブ印
1361 views
はじめてのSOLDOUT2
タグを編集する

はじめてのSOLDOUT2:ハーブ印#1669

初めましての方は初めまして。
ハーブ印のパセリです。

私がSO2を始めた時、土地はエメラルド街しかないと思っていました。
そんな事で始まりの街を選ぶのはいつもの事なのですが、この街は土ばかりなのだなって思っていたんです。

土と水かぁと思って、土をクリックするけどここには建てられませんの文字しか見ない。
青色の所がお店だと思うけど、なぜ土の上には建てられないのか。
道沿いが良いよって案内があったから押してるのに、道沿いに行けない。
最初は、マウスの電池が切れたのかと思いました。
(私のマウスは無線なのでエネループ君をいれてるのです。エレコムの・ω・の顔があるやつで、可愛いですよ。)

ある時、ふと気づきました。
なんか、入り口があると。

そこから情報が脳に一気に流れ込んできました。

「あ、これお店だ……」

気づいてからが怖かった。
ずらりと道沿いに密集するお店。緑の部分が少ないくらい道沿いに密集していました。そのことに少し恐怖を覚えながら、お店を建てられる所を探しました。
探しても道沿いは空いてなかったので、水辺の近くにお店を構えることにしました。

名前はなにを付けようか。
基本的にはHNはパセリなので、それでもよかったのですが、とあるゲームでハーブ印のカモミール店というキャッチコピー?とともに飲食店をやっておりました。
(お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、古いMMORPGで新人さんが入ると古参が囲ってサポートするゲームです。カモミールというキャラクターで飲食を売っていました。)
ハーブ印というブランドを打ち出していきたいというのもあり、店舗名はハーブ印にしました。

そこからは、地図を手に探索に行って、これが売れると聞いたら作って売って、売れなくて、売れてを一喜一憂してました。

 

そんな感じで、狩人して獣からのマンガ肉とか作家で孤高とかかっこよくね?とかで作家したり、今はミミ星人で演奏会してます。

あれはまだ、ギフト券の人手が足りている頃でしょうか。
ラム酒を作ってギフト券500枚で優待券になると聞いた私は、気まぐれな妖精を集め始めました。

それが、ラム酒作りのきっかけ。
ギフト券の人手不足から、作るのを諦めようかと思いましたが、保管庫にいる妖精さんが可哀想な気がして、来月の楽しみにと思い50回分の作業を入れました。

時間にして19日と5時間だったかな?
これは優待ありの工房での時間です。

ちょっと落ち込んでた時でもあったので、来月のささやかな楽しみとして。
儲けなんて知りません。気まぐれな妖精さんだって1万Gの時もあれば5千Gだったり2千Gだったり……

ただの娯楽なんです。
来月に楽しみを残すってなんだかいい娯楽だなって。

今の夢はミミ星人の演奏会をしてるので、クイックポーションを461本集めて、ラム酒50連を一気に終わらせること。

終わらせたらどうするのかって?
簡単な事ですよ。またちょっとのんびりしたらラム酒を作ってもらうのです。50回分。

さて、そろそろ気まぐれな妖精さんに愛想をつかされてしまう前に、ラム酒を作ってのんびりお話しましょうかね。
お話のお供はハーブ印のハーブティーで。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中