cocage.
336 views
講座
創作系
タグを編集する

SO2におけるドット絵講座9(アルパカをつくろう編)

レシピはいいぞおじさんこと こかげ と申します。
今回からまた16x16に戻ります。基本的には工程が少ないため16x16のほうが簡単です。
ですが基本的にはレシピイメージは3~4個で制作を終えることが多いと思われるので、
実際はお店イメージを変更することのほうが多いでしょう。
ですので皆さんには第3回、第8回、第……回と、たまにお店イメージのやりかたを覚えながら
数をこなしてSO2でのドット絵制作の経験値を上げていきましょう。

息抜きに16x16の動物を描いていきます。今回はアルパカです。
白に近い明るい色を持つ絵を描くときにシンプルモードの白背景に同化して見ずらいため、
輪郭や影色などで絶妙な色を探る必要があることを覚えてみましょう。

キャンバスサイズは16x16です。

image

だいたいのイメージを可視化します。

image

ではシルエットの形を取りましょう。大まかで構いません。
色は#4C3D2Eです。

image

次に毛の色を入れましょう。色は少し黄色がかった#FCF7BEを使います。

image

胴体を描き込みはまず足の位置を確定させます。色は灰色で#A69E9Aを使います。

image

次に尻尾に色を追加して胴体と分けます。色は#F6D896を使います。

image

胴体と輪郭に色の差が大きいため中間色を入れ、影のようなものを描き込みます。
色は#D5CF8Eと#AAA356を使います。

image

あの独特な顔を描き込みます。表情は自由です。

image

これで首輪をつけて完成です。

image

では透明設定をして書き出してみましょう。

image
image

おや…ダークモードのほうが全体的に少し細くみえますね?そうです、輪郭が背景に吸われているのです。
少し調整をしましょう。仕上げとして左側の輪郭に#B28B78を上塗りします。

image
image

これで両方が同じに見えるようになったので完成です。

いかがでしたでしょうか?
今回はすこしだけ仕上げを調整することにも挑戦してもらいました。
多くの絵では白背景と黒背景で少し輪郭がおかしくなったり、見づらくなったりします。
なのでこういうひと手間を加えてあげる必要があるということを覚えておいてください。

次回は人物キャラクターを描いていきましょう。
お相手は こかげ でした。

前:SO2におけるドット絵講座8(ハロウィンのお店イメージをつくろう編)
次:SO2におけるドット絵講座10(キャラクターの顔アイコンをつくろう編)

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中