cocage.
398 views
講座
創作系
タグを編集する

SO2におけるドット絵講座10(キャラクターの顔アイコンをつくろう編)

レシピはいいぞおじさんこと こかげ と申します。
講座は5回で一旦の区切りとなっているため、これが2回目の節目です。
節目には絵の花形である人物画。つまりキャラクターを描く講座が相応しいと思っています。

今回はキャラクターの顔にフォーカスを当てます。
顔アイコンのレシピイメージはわたしが個人的に良く作るドット絵です。
SO2ではレシピアイコンを絵文字としても使用できます。

image

このように自分のレシピキャラクターをチャットで喋らせるとき全身絵では少し小さいため、
よくあるゲームで会話シーンのような顔アイコンにして話すような感じになる
こちらのドット絵のほうが多少使い勝手がいいと思います。個人的にですが……

というわけでキャンバスサイズは16x16でスタートします。

image

今回はイメージを可視化せず複数のシルエットを組み合わせる方法を取ります
まず顔になりそうな中央に肌色をおいていきます。色は#FFEDCDです。

image

頭の下に服のシルエットを描きます。色は#222034です。

image

ここで黒に近い色を選択したのでシルエットが見づらくなっていますので
余白となる黒の部分を緑に変更します。

image

次に髪のシルエットを描きます。色は#B3D6FFを使用しますが髪色、髪型は自由です。

image

上部に余白があるとき髪のボリュームを増やすか、
少し服の描写を増やすため上に2段ほど絵を上の列に上げるなどがありますが
ここでは帽子をかぶらせます。色は#3E3546を使用します。

image

ここで大体のシルエットを固めるため外側に縁取りを行います。
色は一番濃い黒に近い色がいいでしょう。ここでは#1A122Bを使います。

image

今回は顔を先に作ります。表情や目の色などは肌色で決めた顔のシルエットを大幅にはみ出さない限り自由です。

image

髪の調整をします。シルエットで使った色よりも明るい色を選択したほうがベターでしょう。
ここでは#D6FFFBを使用します。

image

帽子に光を入れます。#625566と#9AABB2を使用しています。

image

服にネクタイっぽいものを通して完成です。
もちろん物足りない場合は髪飾りを追加したりしても構いません。

image

では今回は余白の緑色を透明設定をして完成品のドット絵を書き出してみましょう。

image
image

いかがでしたでしょうか?
今回はキャラクターの顔だけに焦点を当てたため、より髪型や顔を描き込む余白が増えていたと思います。
さらにいつもとちがい全体のイメージを固めずにライブ感で描き進めたため、
勝手が違うかもしれませんが本来はこういう試行錯誤をするのもまた楽しい作業だったりします。

また、機会があれば表情を変える差分を作るのも考えています。
次回もご期待ください。お相手は こかげ でした。

前:SO2におけるドット絵講座9(アルパカをつくろう編)
次:SO2におけるドット絵講座11(フラワープラントをつくろう編)

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中