千春
1613 views
後悔先に立たず(先人の後悔を自分たちの糧にしよう)
復帰
タグを編集する

SOLDOUT2を辞めてしまいそうなのは私でした

正直、理由があってSO2を離れている訳ではなかった。きっかけを思い出す事すら難しい。

ただ、なんとなく、疲れてしまっていたのかもしれない。

SO2に触れていた時間よりも休止期間のほうが(5/27現在では)上回っている始末であるから、以前のプレイスタイルは曖昧だ。

過去のツイートを読み返すと、何言ってんだコイツ、と呆れかえる様な文章が次々目に飛び込んでくる。半年前の私とは相容れない部分があるようだ。とはいえ、勘を取り戻した途端に元通りになる可能性は否めない。

レシピを筆頭に様々な要素が散りばめられていったSO2であるが、根本は変わっていないようで安心した。販売・作業・仕入れその他に至るまで、身体が覚えているままに大方スムーズに操作出来ている。分からない事がないではないが、支障と呼ぶ程じゃない。

かつての仲間がどのような成長を遂げたのか、如何に資産を築いたか、僅かでも確かめる為に”お得意様”へと手を伸ばした。それらを視て得る物こそあれど喪失感に沈む事になろうとは、考えていなかったのだ。考えが足りなかったのだ。

そうだ。 半年。

極論、ゲーム内通貨は優待券の売買で望むだけ手に入れられる。経験値はスピポで解決出来るし、知識や知恵はゲームに触れるなり先人に頼るなり、セクレタリを眺めるという手もある。イベントを共に楽しめなかったという後悔はあったとしても、それは気持ちを切り替えるだけで済む。厳密に何かを失った訳じゃない。

image

Twitterで想いを吐き出すまでの間、口が開いたまま硬直していた。頭を抱えた。

それはいつぶりか知れない、大きな喪失感だった。

別れの言葉を聞けなかった。別れの言葉を言えなかった。離れた後の事は何も知らないし、知りようもない。聞き込みも野暮…だろう。

ああ。

これも一つの代償として受け止めよう。それに……たかが、ゲームだ。

「真夏さんお久しぶりです お店閉店しないかヒヤヒヤしてました」

「!」

私は、その言葉でハッとした。一歩踏み違えば、自分だってあちら側に回っていたかもしれないじゃないか。
データとはいえ、苦楽を共にした証が消えてしまったら…二度とSO2をやろうなどと思わなかっただろう。後暗さを抱えながら、別れも告げず去ってゆく…。

たかが、ゲーム。されど、ゲーム。

ゲームだから?何が悪い訳じゃない。大切なモノなんて人それぞれだ。他人にとって重要でなくとも、己にとって重要であるならば、それでいい。

それでいいのだ。

『休んだっていい。いつでも戻って来いよ!』
                       ――ひとりごとが大袈裟な男

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント
称号一覧
レシピ
Tips

攻略

お役立ちリンク集
改装ループ

アイテム・作業

アイテム一覧
作業一覧

業種職種
薬屋 道具屋
武器屋 防具屋
本屋 八百屋
肉屋 魚屋
パン屋 商店
資材屋 食堂
錬金術師 狩人
鉱夫 作家
漁師 酪農家
畜産家 農家
行商人 鍛冶職人
革細工師 裁縫師
勇者 木工師
細工師 調理師
石工師 鋳物師
木こり 魔王

カテゴリ
原料






アクセサリ
地図
道具
生物
食物

店舗情報
その他

メニュー

最新の5件

メニュー
読み込み中